もふのこと

Date:2012年1月7日 Author:MAMA

やっと日記が書けます。もふのことです。

実は先月の29日頃、もふが全然ご飯を食べなくなりました。
元気もなくて暖かいところで1日中寝てました。

年末でしたが、病院へ。
まず、熱が42℃もありました。(猫の平熱は38℃くらいです)
それから血液検査をしてもらったところ、腎臓関連の数値が基準値をはるかに超えていて、命にかかわると言われました。
更に猫エイズが陽性でした…。

獣医さんが言うには、昨日今日なるものではないのでもともと弱い子だったのでは、とのことでした。
そのまま入院になり、もふをお任せすることに。
その時は正直、本当にどうしようかと…。もしもふが死んじゃったら…と思ったら涙が出てきました。

もふは保健所出身で期限がきても貰い手が見つからずボランティアさんに引き取られ、実は一回別のところへ里子に行ったのですが、なんと諸事情で返品され…。
その話を聞いた時はなんでこんな可愛い子がそんな目に…と思ったのです。(実際には保健所でそのまま処分されてしまう子が山ほどいる現状ですが)
とにかく絶対我が家で幸せになってもらおうと思ったのです。

 

病院が年明け1月2日からだったので、2日にひとまず電話してみることに。
先生の話では熱も下がりだいぶ元気が出てきてご飯も食べているとこのと。
会いに行っても良いとこのとだったので会いに行きました。

クリアケースに入っていたもふは点滴を打っていましたが元気そうでした。
ケースの窓?みたいなところから手をいれるとゴロゴロ言いながら擦り寄って来ました。
その日も血液検査をしてくれて、結果は点滴のおかげか、数値がかなり正常値に近いくらいまで下がっていました。

そして1月3日、めでたく退院してきました!
先生がもふのことを「気立てが良い」と言ってくれました(*^^*)

粉薬が処方されたのですが、なかなか飲んでくれず苦労しました。
餌に混ぜても食べない、ミルクも飲まない、で結局水に溶かして注射器型フィーダーで無理矢理飲ませました…。

後日また病院で診てもらったのですが、やはり腎臓の数値が基準値より高い。
腎臓の薬をもらってきましたが、今回は錠剤なので前よりは楽でした。

今は大分元気になってごましおとじゃれあって走り回ってます。
ご飯ももりもり食べててちょっと太ったような気がします^^;

ひとまずは安心ですが、まだ猫エイズのことがあります。
ただ、まだもふは生後4ヶ月くらいですので猫エイズの検査は正確じゃないかもしれないとのことでした。
6ヶ月くらいになってからまた検査をします。

 

元気になってきたもふ

やっぱりパソコン大好き!(笑)

コメント

コメントはまだありません。